夢のまちを描いたエコバッグができました

2014/03/13

201403131937_1-300x0.jpg

すみません、顔を逆さにしてみてください。
大急ぎでアップしたので…

昨年秋から、防犯活動に防災の視点を入れながら、
安心して暮らせる地域づくりを推進しているささえ手の活動の成果として、
【夢のエコバッグ】が完成しました。

まず、地域で改善したいところ、素敵に思えるところなど、ポイントをマッピングしながら、チームでまち歩き。
今回は、防災の視点を入れたので、消火器、消火栓の位置もチェック。
そのマップをもとに、スタンプラリーを開催。
人が集まりやすいように、防災訓練とお餅つきをセットにして開催、
その中にスタンプラリーをイベントとして組み込むなどの工夫もしました。

スタンプラリーで、多くの住民にまち歩きで作成したマップを披露し、
その際、どんなまちにしていきたいかを一言メッセージにて収集。
その【夢】をマップに盛り込みました。

安心して暮らせる地域づくりに積極的にかかわったのは、高松三丁目町会。
消火栓の位置を自分たちで探しながらまち歩きをしたおかげで、
雪の時にもすぐに消火栓の雪かきができたんですよ。
小さなことですが、こうした積み重ねが安心して暮らせる地域を作っていくのでしょう。

ささえ手は、東京都子供見守りチャレンジ提案事業の助成を受けて、エコバッグ完成に至りました。
エコバッグは町会関係者を中心に、趣旨に賛同してくれる方へ無料で配布いたします。