音楽療法体験が生かされました

2012/07/02

昨年、津波で流されてしまった音楽療法の楽器を送ってほしい!というSOSが入り、
復興支援活動として「プロジェクト奏で♪」が遂行されました。

音楽療法って?というところから説明し、体験して、
納得がいったら寄付をしようということになり、

イケメン音楽療法士、またの名をセラピー王子こと
藤井洋平氏を講師にお迎えし、
イベントを数回開催しました。

その時にそろえたハンドベル。
こんな時に役立ちましたよ、おたっしゃ給食。

小学校に高齢者が集い、学校給食をいただく。
その前にちょっとした講座やイベントを開催。
そこでささえ手のハンドベルが披露されました。

最初は「歌は苦手」といっていたおばあちゃんも
ベルを鳴らしながら、楽しそうにうたっていました。

講師の田中さとみさんも
笑いのツボを押さえて、癒されながら笑顔たっぷりのイベントとなりました。

またどこかで声がかからないかしら。
まだ呼ばれないうちから、練習しておこう♪

201207022310_1-300x0.jpg